あなたの街の医療について
 

港北区で緑内障治療を実施する医院

緑内障という疾病をご存知でしょうか。

これは加齢性の眼病に分類されており、角膜全体が縮んでしまって視界を悪くする疾病です。

加齢性なので誰でも患う可能性を秘めており、2018年に厚生労働省が調査をしたところ、50代以上の約60パーセントがその予備軍であることが分かりました。

治療をするには必ず手術をしなくてはいけませんが、どこで診てもらえばいいのかわからないという方も多いことでしょう。

その場合は、港北区にある「つなしま眼科」をおすすめします

ここでは院内に手術室を完備しており、いつでも緑内障に対応している医療機関です。

「つなしま眼科」は1988年に綱島駅前に開院しており、港北区内で唯一に眼科です。

地域密着型に医療を提供」していて、年間約2,000名の患者が訪れています。

ここでは緑内障の治療はレーザーでなされるので、日帰りというスタイルで完治を目指せます。

一般的な医療機関だとメスを用いて角膜を切開するので入院をしなくてはいけませんが、「つなしま眼科」ではその必要はありません。

働いている方であっても、簡単に治療へと挑めるので非常に気楽に足を運べるでしょう。

計4名の専門医が存在していて、いつでも手術に対応されています。

公式webサイトでは詳しい手術の手順から心掛けることも記載されているので、じっくりと目をとして本番の準備ができます。

駅前にある医院で通いやすいというのも魅力ポイントに含まれます。